C-2型/C-特2型 終了 後継機種 E-2型/ET-2型
グラスプジャッキ 揚力 使用範囲
 E−2型  2t   450〜650mm
 ET-2型  2t   540〜740mm
 C−3型 3t   670〜920mm
 C−5型 5t   800〜1,100mm
● 使用範囲は、掴軸受の中心の高さです
 ∴ドラム半径が使用範囲内にあることを確認ください
  グラスプジャッキは
  ジャッキの頭部の掴軸受にケーブルシャフト
  を通すことにより鳥居型を構成し、完全に横転
  を防ぐことができるケーブルジャッキです。

  土台が小さく限られた作業スペースを有効に
  利用していただけ、輸送運搬収納も省スペース
  できます。

  掴軸受は、自体がベアリング機構になって
  おり回転を助けスムーズ繰出し作業ができます。

  また、シンプルな機構で故障する部分が少なく
  耐久性があります。

グラスプジャッキの特徴
 ※ 安全作業
 @ 横転しない(左右) ラーメン構造
   シャフトを通して鳥居型を組めば横転なし
 A ケーブルを引く方向にも倒れない(前後)
   ベアリングによりドラムの回転が容易な為、
   余分な張力が必要ない
 B シャフトが軸受から外れない
 C 携行・運搬が容易
    カサばらない、持ち易い 小型軽量
 D 倉庫格納・作業スペースが小さくできる
    狭い場所でもOK 小型軽量
 ※ 作業の省力化
 @ 作業員一人で運べる
 A わずかな傾斜や凸凹地面でもOK
 B 横転なし、転倒なし、シャフトが外れない   
 ∴作業の中断や事故がなく能率作業
 C ドラムの回転効率がいい
 D 余分な張力が必要ない
 E 円滑作業で、制動装置はも不要
 F 省スペースで交通妨害も少ない
 G 単純な機構なので故障が少ない
 

製造発売元
井 筒 屋 株 式 会 社
〒452-0901 愛知県清須市阿原神門241
お問い合わせは  FAX(052)400-8023  または、info@idutuya.co.jp 

PDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、Portable Document Format)で印刷
 

 2  O-10型